バスケドリブルでボールキープするコツを調べた

ディフェンスのきついプレッシャーに負けずにボールをキープするコツとは・・

 

ディフェンスのプレッシャーがきつく苦し紛れのミスパスばかり出す・・

 

何やらこうゆうのって視野が狭くなってしまうのが最大の原因らしい・・!?

 

確実にドリブルをさばきながらも、周りを見る視野の広さを身につける方法を習得するのも良いとか・・

 

そもそも、ドリブルが上手くなるとパスミスが減るらしいですね。正確にはカットされる状況でパスをしなくなる。パスしか狙っていない、狙えないからカットされるらしい・・。

 

バスケドリブル上達法〜ボールキープするテクニックコツ〜

 

 

シュートができない、パスができないならドリブルすれば良いし、良い位置でシュートをするか、そういう位置にいる味方にパスできればそれが最高だけど、そうでない時、良い位置でシュートできる状態に持っていくドリブルができれば非常に有利になるとのこと。だからこその視野の広さか。。

 

そりゃそうだろうけど、どうやって視野の広さを確保するのさ〜これって自分にもすぐに身に付くものなの・・?難しいな。

 

 

なんといってもバスケドリブルが苦手な私達は・・

 

実はこうしたディフェンスのきついプレッシャーへのテクニックやコツなどにまだ疎かったりするもの。悔しくて方法を色々調べたりするけど手とり足とり自分にとって親切な良い情報が出て来るとも限らないし、そもそも何かと忙しくて毎回1つ1つ丁寧に調べてる時間も余裕も無かったりする・・

 

だからこそ、今の自分達に必要なのは効果的なボールキープ力、視野を広げる方法も含め、都度目で見てシンプルに理解でき即上達に結びつくようなプロの教えや極意というべき・・バスケドリブルに特化した自分だけのお手本などの存在をいち早く見つけ出し、そこから愚直に吸収することが最短近道かもしれないですよね〜お互いに頑張りましょ^^

 

 

 

元JBLプレーヤー堀英樹が徹底指導!

 

生まれ持った才能や能力がない中高生や大人でも
短時間でドリブル技術が格段にレベルアップできる特別な極意を伝授

 

バスケドリブル上達革命DVD詳細はこちら

 

 

 

 

家の前の畑のおじさん最近見ないなぁ。どうしたのか?かなり感じのいい人で、いつも余った野菜とかくれて優しいおじさんだったけど。ある時から突然見えなくなった。その代わりに奥さんと娘らしい人が野菜を収穫しに来たりしてるけど。なんとなく聞いてみたら体調崩して家で休んでるらしい。それにしては何ヶ月も経つからどうしたんだろう・・。以前は毎日のように畑にいたのに。たいしたことがなければいいけどそれだけ見ないって事は大したことか。よろしく伝えて下さいと言って後にした。最近強風で櫓が崩れそうなのと、野良猫が自分の住処にしてるみたいで少し様子が変わってきた。おじさん早くカムバック!!でも、人の畑で獲れた野菜とかって多少色味は悪いけど、スーパーで買うものより美味しく感じるのはなんでだろう?作り手の顔が見えるからか!?それはあるかもね。自分の家でも野菜買わないで、ネギが必要な時はちょっと畑へ、キャベツとかきゅうりとかトマトとかとりあえずなんでもあったら嬉しいよね〜今日も夕飯はレタス刻んで食べるとするか、最近見つけたどこかのメーカーのドレッシング「病みつきになる美味さ」ってあったけど、本当に病みつきになる。久々の当りのドレッシングでした^^

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

ページ上部に戻る