バスケドリブルでボールキープするコツを調べた

ディフェンスのきついプレッシャーに負けずにボールをキープするコツとは・・

 

家の前の畑のおじさん最近見ないなぁ。かなり感じのいい人で、いつも余った野菜とか

 

くれて優しいおじさんだったけど。ある時から突然見えなくなった。その代わりに奥さん

 

と娘らしい人が野菜を取りに来たりしてるけど。なんとなく聞いてみたら体調崩して

 

家で休んでるらしい。それにしては何ヶ月も経つからどうしたんだろう。以前は毎日

 

のように畑にいたのに。たいしたことがなければいいけどそれだけ見ないって事は

 

大したことか。よろしく伝えて下さいと言って後にした。

 

 

ディフェンスのプレッシャーがきつく苦し紛れのミスパスばかり出す・・

 

色々調べたり聞いたりすると・・

 

視野が狭くなってしまうのが最大の原因らしい・・!?

 

確実にドリブルをさばきながらも、周りを見る視野の広さを身につける方

 

法を習得するのも良いとか・・

 

そもそも、ドリブルが上手くなるとパスミスが減るらしいですね。

 

正確にはカットされる状況でパスをしなくなる。

 

パスしか狙っていない、狙えないからカットされるらしい・・。

 

シュートができない、パスができないならドリブルすれば良いし、

 

良い位置でシュートをするか、そういう位置にいる味方にパスできればそれが

 

最高だけど、そうでない時、良い位置でシュートできる状態に持っていく

 

ドリブルができれば非常に有利になるとのこと。

 

だからこその視野の広さか。。

 

 

だけどどうやってその視野の広さを確保して冷静にドリブルすれば

 

いいのか?練習方法は?コツは?

 

と考えだしたらキリがないもの。

 

 

だからこそ、私達に今必要なのはやはりプロの教えや極意など

 

バスケドリブルに特化した教科書のような存在を早期に見つけ出し

 

そういった具体的な方法の1つ1つを愚直に学んでいくことが

 

最短近道かもしれないですよね^^

 

 

がんばろ。。

 

ページ上部に戻る