バスケドリブルフェイクの効果的な練習について調べた

相手が対応できないインサイドアウトテクニック・・その具体的な練習方法

 

どこの街でも、商店街とかに古いスナックみたいなお店あるよね。外から中が

 

見えないからどんな風なお店かわからないけど怖くて入れないよね〜。

 

イメージとしたら年配の女性がママで常連のお客さんが2人ぐらいカウンターで

 

飲んでいる感じなのかな。みんなで楽しくカラオケ歌っているような感じがします。

 

お客さんが入れ替わり立ち代わり入ってすごい売り上げがありそうに見えないけど、

 

よく長年営業できてるな。なにかお店が続く秘訣があるのかな。いつも見るたびに

 

不思議に思います。

 

 

インサイドアウトが上手くできない場合はどうしたらいいの?

 

調べると・・

 

インサイドアウトドリブルですが、右手と左足の動きに重要な注意点があるそう・・

 

相手がついてこれないパターンが2つあるとか・・

 

なるほど〜右手と左足か。。

 

ざっくり見たけど難しいな。すぐにすぐ練習できるかな?

 

だけどこれがバスケのドリブルには重要なテクニックになるからな・・

 

 

なんといっても私達のようなレギュラーになれない選手にとって

 

フェイクを早く自分のモノにしたいけども、なかなか効果的な練習方法も

 

知らないし、調べてもすぐに頭に入れて実践できないもの。

 

 

だからこそ、毎回こうして調べるよりも、バスケに特化した教科書のような

 

存在・・例えばバスケプロの教えなどをいち早く見つけ出し、そこから

 

都度学んでいくスタイルが、上達への一番近道となるかもしれないですよね。

 

頑張りましょ^^

 

 

ページ上部に戻る