バスケドリブル相手ディフェンス対策のコツを調べた

ディフェンスからのプレッシャーを振り切るのが抜群にうまい選手はどんな練習してるの?

 

人間ドック受けたときに骨密度が若干低いと言う結果が出て、

 

魚とかあまり食べるの好きじゃないからサプリのカルシウムを

 

長らく飲んでいるけど、また測りに行ったほうがいいのかなあ?

 

その後どうなったんだろう。そういえばカルシウム不足になると

 

イライラするとか言うよね。怒ってる人を見るとカルシウム足ら

 

ないんじゃないとかって言われるけど、割と有名な言葉だけど

 

この説を証明する論文は存在しないんだって。サプリ会社の策略かな。

 

 

プレッシャーを振り切る場面は試合でも多くのシーンで必要だけど・・

 

プレッシャーを与えられた時に対応できる技術って調べたら・・

 

自分の前にスペースを作りプレーの為の空間を確保できるか否か

 

で決まるらしい・・

 

ボールスイングのいくつかのパターン練習をするのが効果的とか!?

 

また、ボールを強くつく、つま先を開いて腰を落とす、ディフェンスと近接時は

 

オファームでガード、上半身を曲げない、ヘッドアップして広い視野を確保、

 

腕全体を柔らかく使うなども有効らしい・・

 

 

なるほど・・言ってることは分からないでもないけど、本番になったら

 

これだけのことを無意識でやるのは苦難だな・・汗

 

だけどこれができないとレギュラーが定着できないし・・

 

 

だからこそ、今自分たちに必要なのはこうしたプレッシャー対策に

 

有効とされるボールスイングの効果的で無駄のない方法を

 

いち早く見つけ出し、愚直に実践する事が必要ですよね。

 

そのためにはバスケドリブルに特化した教科書のような存在

 

が心強いのかもしれないですね^^

 

 

頑張りましょ。

 

 

ページ上部に戻る